ベンツ買取メイン画像

ベンツの寿命

一般的にベンツなどの輸入車は国産車よりも寿命が短いと言われています。

ベンツはドイツ車であり、世界的に品質もトップクラスでありますが、 それでも国産車では起きないような突発的な故障もあります。 そして輸入車のデメリットは故障を起こすと、修復費が異様に高いということです。
国産車の1.5~2倍程度の修復がかかるでしょう。

その理由は部品を輸入しなくてはいけないからです。
国産車だと部品は国内で生産されていますので、諸費用はほとんどかかりませんが、 輸入車は海外に部品を発注しますので、諸費用が加算されます。 そして、ベンツは部品1つ1つの品質にも拘っていますので、 諸費用抜きでも、部品代金は高額です。
>>ベンツの廃車について

突発的な故障抜きにしても、 ひとたび故障を起こすと、高額な修復費がかかることから、乗り換えした方がお得になる、 そういった考え方から寿命が短いと言われているのかもしれません。

確かに品質はではベンツが上かもしれませんが、 個々の部品だけではなく、車という完成された物体の品質で見ると、 国産車が勝っているかもしれません。 先にも言いましたが、ベンツを含む輸入車は突発的な故障が多いです。

ですので、あまり長くは乗らず、短いスパンで定期的に車を買い替えている人が多いようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ